冬の乾燥対策でスキンケア

冬のスキンケアといえば、乾燥対策です。

冬はとても乾燥していて、気が付いたころには肌がカサカサしてしまっているものです。

 

一日三回の洗顔はどの季節も変わりません。

洗顔後の化粧水と乳液も、その季節でも変わりません。

 

ただし冬には、それにプラスして、クリームをぬるようにしています。

カサカサしているからぬるのではなく、洗った後に必ずぬる習慣をつけています。

カサカサし始めてからでは対策としては遅いのです。

毎回のクリームを忘れないようにすることで、カサカサするのを防いでいます。

 

また、クリームをぬりはじめる時期にも気を付けています。

夏が終わったと思った頃からもうすでに始めるのです。

本格的な冬が来てしまったら、すぐにカサカサしてしまいます。

 

一度カサカサすると、いくらクリームをぬっても、カサカサしやすくなってしまうのです。

そのため、早めの時期からぬり始めることが大切なのです。

完全に春になるまでは続けていきたいです。