野菜だけ食べるダイエットは危険です

165㎝70㎏から、10㎏減量目指してダイエットを開始しました。

そうはいっても何をどうすればいいのか最初は全然解らず、とりあえず低カロリーの食事をすればいいと思っていたのです。

 

そこで毎日サラダだけを食べて過ごしました。

仕事はデスクワークで体を動かす時間もないからと、朝と晩に大盛りのサラダを食べました。

そんな食生活を1週間続けていると、体は冷えていつも寒く顔は浮腫みやすくなり、体重は4㎏落ちたものの何だか体がだるいような気がしました。

 

後から解りましたがサラダだけを食べても、あまりダイエット効果がない所か、冷え性や浮腫みの原因になるようです。

温野菜や温かいスープならまだ体も温まるのでいいのですが、サラダのような冷たい物ばかり食べているせいで、血流が悪くなっていたのでした。

体重が落ちていたのは筋肉が落ちていたからで、脂肪は落ちていなかったのです。

 

それを知ってからは、朝に玄米お握り1~2個とお味噌汁、昼は果物と温野菜サラダか野菜サンド、夜はスープという、なるべく体を冷やさないような食事にしています。

運動も2日に1度、30分程ウォーキングをして適度に動かしています。

 

そうすると寒さに震える事も浮腫みに悩む事もなくなって、体重も1ヶ月に2~3㎏ずつと緩やかですが順調に落ちていきました。

ゆっくりとしたダイエットなのでリバウンドもなく、皮膚も弛まなくてよかったです。