乾燥肌とおさらば出来る方法

乾燥肌で悩んでいる女性は多いと思います。私自身も季節を問わず一年中お肌がカサカサで、特に冬場は化粧水が手放せないくらいです。そんな私が、やっと乾燥肌とおさらば出来る方法に出会えたのでご紹介します。

 

まずは自分に合った化粧水と乳液、コットンを1枚を用意します。これは高価なものでなくても大丈夫です。私の場合は、ドラッグストアで1本700円くらいで売っている化粧水と乳液を使用しています。全ての用意ができたら、お風呂で洗顔をして脱衣所で着替える前にコットンにたっぷり化粧水をしみ込ませてお肌を叩くように塗っていきます。この時、手でやってしまうと化粧水の美容成分が全て手にしみ込んでしまうので必ずコットンを使います。

 

また、着替えてから行うとその間に乾燥が進んでしますので出来るだけ早く行います。化粧水を塗ったら乳液をぬって終わりです。

 

たったこれだけで翌日の肌質は大きく異なり、私は乾燥肌と決別することが出来ました。効果に個人差はあると思いますが、試してみる価値はあると思います。

私なりの洗顔のやり方

何時も必ず誰でも顔を洗うと思います。その時どのように洗っていますか?

 

今では色々とアドバイスが合ったりですが私は昔からぬるま湯で良く泡を作って泡を顔に優しく擦らない様に洗います。冷たい水では洗いません。洗顔石鹸は色んなタイプの物が各メーカーから出ていますが自分は一時期流行ったお茶石鹸を使っています。お茶の香りが好きなのと泡も良く立ちます。

 

洗顔で香りの強い物は苦手なので使いません。洗いすぎ無い様にも気をつけてます。皮脂まで無くなら無い様に短い時間ですませます。

その後直ぐに為るべく早くに保湿化粧水を浸けて普段道理に乳液などで整えます。あまり色々と塗りたくる事はべた付くので基本的なスキンケアで済ませています。

 

夜のお手入れの時だけは一通りのケアをした後に洗い流さないタイプの保湿パックを塗って終わり眠ります。

 

日中は一年を通して必ず日焼け止めクリームを使っていますので(すっぴんの時)クレンジングを使い洗顔しています。

化粧水や乳液などは安い物を使っていますが肌の調子は良い方です。

 

冬の乾燥対策でスキンケア

冬のスキンケアといえば、乾燥対策です。

冬はとても乾燥していて、気が付いたころには肌がカサカサしてしまっているものです。

 

一日三回の洗顔はどの季節も変わりません。

洗顔後の化粧水と乳液も、その季節でも変わりません。

 

ただし冬には、それにプラスして、クリームをぬるようにしています。

カサカサしているからぬるのではなく、洗った後に必ずぬる習慣をつけています。

カサカサし始めてからでは対策としては遅いのです。

毎回のクリームを忘れないようにすることで、カサカサするのを防いでいます。

 

また、クリームをぬりはじめる時期にも気を付けています。

夏が終わったと思った頃からもうすでに始めるのです。

本格的な冬が来てしまったら、すぐにカサカサしてしまいます。

 

一度カサカサすると、いくらクリームをぬっても、カサカサしやすくなってしまうのです。

そのため、早めの時期からぬり始めることが大切なのです。

完全に春になるまでは続けていきたいです。

 

朝、昼、晩の洗顔、一番丁寧なのは?

季節によっても違うでしょうが、みなさんは、朝昼晩、一番丁寧に洗顔するのっていつなんでしょうか?

 

私は、やっぱり夜です。

お風呂に入ったときに、一日の汚れをスッキリ落として、お肌の汚れや幕を取ることにしています。

洗顔すると、気持ちいいですよね。

気分までスッキリします。

 

その後、化粧水とクリームで保湿とマッサージをしています。

洗顔後、化粧水を付けたときにマッサージをすると、肌も潤うし、血行も改善され、顔色が良くなる気がします。

ワントーン明るくなった感じです。

洗顔、保湿、マッサージで肌が喜んでいるんでしょうね。

 

お肌って、夜になったときには、外出したり、作業したり、外気にさらされて、相当汚れているんだと思います。

顔に幕を張っているような感じがして、肌が息できないよ!って言っている気がします。

だから、面倒でも、眠たくても、夜の洗顔だけはするようにしています。

 

その分朝は簡単に済ませています。

夜寝ている間の皮脂を軽く落とす程度です。

みなさんは、どうなんですか?

 

朝はぬるま湯洗顔、夜はしっかりクレンジング

毛穴の汚れを取り除いたり、ニキビを防ぐためには洗顔が大切といわれています。

しかし、1日に何度も洗顔をすると皮脂が過剰に取り去られて乾燥肌になります。

洗顔料には合成界面活性剤や油分など肌に刺激を与えるものが含まれていて肌にダメージを与えます。

乾燥したりダメージを受けると、バリア機能が壊れて毛穴つまりを起こしやすくなり、毛穴の汚れやニキビができやすくなります。

 

洗顔料を使っての洗顔は1日1回夜のみで充分です。

朝の汚れは寝ている間に出た皮脂だけです。

皮脂汚れはぬるま湯洗顔だけで落とせます。

洗顔料を使っての洗顔を控えると、適度に潤いが残り正常なバリア機能を維持できます。

 

メイクをしたときはクレンジングでしっかり落としましょう。

メイクを落とさないと毛穴つまりを起こして、毛穴の黒ずみやニキビの原因になります。

目元など細かい部分は洗い残ししやすいので気をつけましょう。

 

朝はぬるま湯洗顔、夜はクレンジングでしっかり汚れを落とす洗顔方法なら、皮脂を取過ぎないから潤いが残り、バリア機能が正常に働くから毛穴の汚れやニキビを防ぐことができます。

ぬるま湯洗顔でお肌しっとり

洗顔は美容の基本とも言える重要なケアなのですが、どうしても忙しい時や疲れている時などは簡単に済ませてしまう事が多かったのです。

 

以前の私の洗顔法は、お風呂の中でクレンジングをしてそのまま熱いシャワーで洗顔を行なっていました。

ところがある日を境に次第に肌が乾燥してくるようになったのですが、その原因が洗顔の時のお湯の温度と分かったのは数日後の事でした。

 

ネットで正しい洗顔法を見ていた時に、熱いお湯で顔を洗ってしまう事で必要な皮脂まで流れ出てしまうと書いてあり、まさにこれは今の私の肌状態だと感じ、それ以降洗顔の時のお湯の温度に気を付けるようになったのです。

洗顔の時は絶対にぬるま湯で洗うようにしたのですが、その結果乾燥でかぴかぴになっていた私の肌が、次第に潤うようになってきました。

普段感じていた洗顔後の肌の突っ張りも見事に解消され、今では急いで化粧水をつけなくても十分肌自体が潤ってくれているので、乾燥肌から解放されました。

洗顔時の約束事

朝、起きてから第一に何をしますか?そして夜、お風呂に入ったとき、必ずすることはなんでしょうか?

大人の女性ならば、誰しもが「洗顔」と答えると思います。

美容に興味があろうがなかろうが、みんな必ずすることなのではないでしょうか。

でも、せっかくならただ顔を洗うのではなく、綺麗になりたいですよね。

そこで、洗顔時に守ってほしいことをいくつかご紹介します。

 

①熱いお湯で洗わない。

熱いお湯で洗うと、脂分がよけいに落ちてしまい、乾燥の原因に。洗うときはぬるま湯にしましょう。

 

②洗い上がりがしっとりするものを選ぶこと。

よく、洗顔した後、顔が突っ張るなんて方がいますが、それは肌に必要なうるおいも落ちてしまっている、ということ。乾燥の原因ですので洗顔料の見直しを。

 

③たっぷりの泡で洗う。

洗うときはたっぷりと泡立て、泡で顔を洗うようにしましょう。けしてごしごしこすってはいけません。肌を痛めてしまい、いろんなトラブルを引き起こしてしまいます。

 

どうでしたか?

思い当るところがあった場合、それを改善するだけでだいぶ肌の状態が変わってくると思います。ぜひ、お試しください。

 

ネットで見つけたいい石鹸

40歳になり、クレンジングを一から見直そうと思って、クレンジングジプシーを開始しました。

@コスメを重点的に、良さそうなクレンジングのクチコミ評判や効果などをじっくりと調べました。

 

口コミ評判がとても良く、ちょっと気になるクレンジングがあり、購入してみました。

その時にお試し用の小さな石鹸が付いていました。

小さなリーフレットも付いていたのですが、石鹸なのに3900円くらいします。

意外に高いのにびっくりしました。

 

サンプルを使ってみると、使い心地も使った後もとても良かったので、この際洗顔石鹸も見直そうと思いました。

これよりも安価でもっといい石鹸もあるはずと思って調べていくうちにペマエンジェルと言う石鹸に出会いました。

黒ずみが消えると言うのに惹かれました。

 

どう頑張っても毛穴の黒ずみが取れず悩んでいたので、この石鹸を試してみる事にしました。

さっぱりと洗い上げるのに、ツッパリ感はすくなくて良かったです。

気になっていた毛穴の開きも小さくなり、徐々に毛穴の黒ずみも減ってきました。

使い心地満点の石鹸に出会えて満足しています。

 

季節によって洗顔法を変えてみる

アラフォーを迎えて数年、冬は顔がカサカサ、夏は油っぽくと季節によってかなり肌の変化が出て来ました。

若い頃は何の悩みも無かったのに年齢って残酷、いや正直ですよね。

なのでここ数年は季節によって洗顔法を変えています。

 

お陰で大きなトラブルは無くなりましたよ。

私の季節によっての洗顔方法は、まず春と秋は朝晩とも洗顔フォームで洗っています。

泡立てネットを使って泡をたくさん作り、泡で顔を洗うように優しく洗顔してすすぎは30回以上するのが私の基本中の基本。

 

そして夏は朝晩の洗顔は春夏と同じですが、1週間に1度はスクラブ入り洗顔料で洗うようにしています。

毛穴に詰まった皮脂がスッキリ取れる気がして大のお気に入り。

その後の化粧水の浸透もいい気がするので一石二鳥です。

 

そして冬は、朝の洗顔はぬるま湯のみでしています。

朝洗顔フォームを使うと余分な水分や油分も洗い流しちゃってる気がして。

この方法に変えてからお肌の調子がいいので、しばらくは続けてみたいと思っています。

 

お気に入りの洗顔で洗いながらリラックスを

洗顔はスキンケアの基本中の基本、とはよく聞きますよね。

それだけベーシックなものだからこそ、アイテムにはこだわりたいところですね。

 

洗顔のコツとして、「よく泡立てて、その泡で顔の皮膚を洗うように、けしてこすらない」

というのがポイントだとよくいわれているので、なるべくそのように気をつけて顔を洗うようにしています。

 

ということはつまり、「よく泡立つもの」を選ぶのが必要になるわけです。

なので、クチコミとかを参考にして、コレだと思った洗顔石鹸を選んでみたのですが、コレが大変良いものでした。

 

キメの細かい泡がふわふわっと立ち上がる洗顔石鹸で、香りもとても清々しいので、朝からスッキリした気分にもしてくれるのです。

泡はもちもちしっかりしているので、まるでマッサージを行うように顔を洗っていると、それだけでなんだか癒されるような気分にもなります。

もうばっちりお気に入りの一品になりました。

 

洗顔はもちろん汚れを落とすのが目的とはいえ、そういうプラス要素があれば使い続けたい!と思うものです。