肌には自然洗浄能力はないって話、化粧をしたまま寝ないように注意

性格的に面倒臭がりの私が二十歳を過ぎてから気をつけてしっかりと行っているケアなんですが、日々欠かさずにどれ程面倒臭く思ってもどれほど酔って帰って来た時でも忘れずにメーキャップを完璧に落として洗顔料で洗うようにしています。

化粧をしたまま眠っちゃうとお肌の衰えに加速がかかると知ってから、毎晩必ず守るようになりました。

肌には自然洗浄能力はないって話です。

その為フェイスウォッシュだけは絶対に能動的に実行しなければいけない事なんです。

どんだけ高価なメイク用品を揃えても、そもそもの皮膚がキレイじゃなかったらどうにもならないので美しい素肌を維持するのにもっとも大切な「洗顔」に力を入れています。

日中お化粧をしていて負荷が掛かっていた肌をリフレッシュさせる為、32℃くらいの水で丁寧にムラなく顔を洗います。

忙しい時でなければスチーマー美顔器で毛穴から洗浄するようにしていますが、モイスチュアケアにもなるので一石二鳥です。

すごく疲れている時も、プチ肌断食で何もつけてない時も、顔を洗う事だけは欠かさずにするのがあたしが特に頑張っている美顔術です。

自分自身は健康と美容に気を使って、きちんとした生活をするように気を付けています。

夜だけは早く眠れるようにしているのです。

私は、夜遅い日が続いた場合瞬く間に肌に悪影響が出てしまうからです。

お肌を若返らせる為にも、夜22時には寝るようにしています。

できれば実際の年齢よりも老けて見られたくはありません。

私は以前からお肌の問題が多くあり、常に肌の具合は健康的ではないのかもしれないです。

ですが、頑張れば健康的な肌にすることは出来ると思います。

思い返せば、肌トラブルの原因は私自身の生活スタイルだと思います。

夜更かしなんて当然で、加えてずっと寝不足状態だったときがあったのです。

また、スナックやインスタント食品などが殆どだったときがあったのです。

そのような生活をずっとしていたら、お肌が荒れるのは当たり前だと思ったのです。

そこで、近頃ではそうした生活習慣を反省して、肌に良い生活をしようと努めています。

第一に夜更かしや睡眠不足をしない事に力を入れています。

あたしが美容的に気を配っている点は、規則正しい生活をつくることです。

結構前の話ですが、日中は授業、深夜は夜間アルバイト、というライフスタイルだったので、寝る時間や起きる時間や食生活が結構乱れていました。

そんな日々を繰り返していると、顔面ににきびとかが発生したり、メイクにムラができたりと、肌問題は増えるばかりでした。

顔のブツブツとかは、若者特有のものだろうと考えていましたが、バイトを遅番から早番に変え、毎日3回のゴハン、7時間睡眠を習慣化したら、ニキビなどが消え、知り合いに「いいスキンケアグッズ見付けた?」と言わせられるほど、スベスベ肌になりました。

折につけ、「生活習慣を見直そう」と言われていますが、それぞれのライフスタイルによってはなかなか思い通りにはならないですよね。

大学生の時は、親に迷惑をかけない為に学校後にお小遣い稼ぎすることは、必須でした。

それから、職に就いている方は勤務内容によって、仕事の拘束時間を軸にした日々を送りがちですよね。

わたしはそんな中で、キチンと「自分のペース・リズムをつくること」がポイントだと思うんです。

一日三食、何時食べ物を摂取するか、眠る時間を決めるなどといった、自分のライフスタイルなりに、規則正しい生活をつくることが、肌荒れ防止に役立ちます。